トピックス3

トピックス1「狂犬病」はこちら

トピックス2「SFTSについて」はこちら

トピックス3「誤飲・中毒について」はこちら

トピックス4「犬の熱中症」はこちら

犬の熱中症

毛に被われた犬は寒さには強いものの暑さは苦手です。
汗腺も肉球にあるだけで、人間のように汗をかいて体温調節することができません。犬の体温調節は舌を出してハァハァとする呼吸(パンティングといいます)に頼るしかなく、人間よりも熱中症にかかりやすいと言われています。 夏本番に向けワンちゃんたちの熱中症への注意をいっそうお願いします。

熱中症とは

少々難しい話になりますが医学的に説明しますと、熱中症は身体の体温調節がうまく行かず、熱によって全身のタンパク質が変質し、酵素がうまく働かなくなり、細胞膜の脂質が破壊、全身的な細胞壊死が引き起こされます。
卵をゆでたら白身が固まり生卵には戻らないように、タンパク質が変質する重症になってしまうと後遺症が残るケースもあり、また一旦良くなったように見えても1週間後に再発することもあるので、発病後1〜2週間は油断大敵です。

初期症状のサインを見逃さず、すばやい対応が必要

熱中症初期

更に進んだ症状のとき

熱中症中期

熱中症の予防

先に述べたように、熱中症は急激に体温が上がり命にかかわる病気です。
まずは熱中症にさせないように予防が大切です。

  • 風通し、日当り、湿度に注意してください。
  • 呼吸で唾液を蒸散させ体温調節するため、気温がそれほど高くなくても湿度が高いと、蒸散がうまくできず熱中症にかかりやすくなります。
    外飼いの場合は日陰に移動できるように。室内でも日当りの良すぎる場所はエアコンがあっても危険です。

  • いつでも水が飲めるようにしてください。
  • 車内に犬を残して離れないでください。
  • 夏以外でも天気のよい日の車の中は急激に温度が上がりやすいです。車内に犬を残して車を離れることは絶対やめてください。
    暑い季節の車の旅行は頻繁に休憩を取り、水分補給と程度な運動をさせる必要があります。

  • 夏の散歩は日中を避け、早朝や夜に。
  • アスファルト付近は人間の頭の高さより遥かに高温になるので注意してください。

  • 熱中症にかかりやすい犬
  • 短頭種(パグ、ブルドッグなど)、北方種(シベリアンハスキーなど)、肥満犬、子犬、老犬、心臓、呼吸器の弱い犬は一層の注意が必要になります。

    草原

    参考: 「犬の救急マニュアル」Bruce Fogle著
           http://www.petwell.jp「犬の病気事典

    ページのトップへ戻る